So-net無料ブログ作成
検索選択

分散飼育のトキが産卵=石川(時事通信)

 国の天然記念物トキが分散飼育されている石川県立いしかわ動物園(能美市)で27日朝、飼育中のつがいの雌が卵1個を産んだことが確認された。トキの産卵は、佐渡トキ保護センター(新潟県佐渡市)、多摩動物公園(東京都日野市)に次いで3カ所目。
 いしかわ動物園によると、つがいは8歳の雄と6歳の雌で、佐渡トキ保護センターから分散飼育のため1月に移送されていた。
 このつがいの雌は、今後1週間ほどの間に、断続的に計3〜4個の卵を産むとみられる。卵はふ卵器に入れ、有精卵かどうかの判別を1週間後に行う。有精卵だった場合、ふ化は4月下旬から5月上旬の予定。 

【関連ニュース
〔写真特集〕動物の赤ちゃん
旭山動物園名誉園長が退任=「野生動物の保護に携わりたい」
アザラシ猟に裸で「NO」=米保護団体がカナダ政府に抗議
積水ハウス、ペットと暮らす住まいを提案=東京・台場に展示施設
トキ検証委、4月に結論=小沢環境相

重度障害者 脳波で意思表示 産総研が開発(毎日新聞)
インフルサーベイ見直しで事務連絡―厚労省(医療介護CBニュース)
夜まで大雪の恐れ 東北(河北新報)
【Web】思い出の携帯ストラップを供養(産経新聞)
<ニュース1週間>足利事件、菅家さん無罪確定/パラリンピック閉幕 日本メダル11個(毎日新聞)

女性専用車両で大揉め 「反対する会」男性乗り込む(J-CASTニュース)

 女性専用車両に反対する団体のメンバーが京王線で同車両に乗り込んで女性客とトラブルになり、電車が緊急停止する騒ぎがあった。この団体では、「誤って指先が女性に当たった」と謝罪しているが、その活動を巡っては賛否が分かれている。

 この騒ぎが伝わったのは、ツイッターを通じてだった。

 東京都内のOLというユーザーが2010年3月26日夜、女性専用車両内で起きたトラブルの一報を携帯電話からつぶやいた。

■ツイッターでOLが騒ぎを一報

  「首から『女性専用車両から無理やり追い出したら刑法●条に違反します』ての下げて女性専用車両に乗ってきたため車内大揉め。車両あげて本気の総ゲンカ。怒号が飛び交ってます」

 このユーザーは、帰宅後とみられる翌日未明、さらにツイッターで続報した。それによると、乗り込んできた中高年の男性数人のうち1人が「女だけ専用車両があるなんておかしい」と主張したところ、女性客の1人が「言われても困ります! 鉄道会社に訴えて下さい!」と反論した。そして、別の男性が写真を撮り出すと、女性客と口論になり、この女性客は、男性が叩いたと主張し始めたのだ。

 さらに、また別の女性客が車内の非常ボタンを押したため、電車が一時ストップ。そして、次の駅で男性らが駅員から事情を聞かれたという。

 このつぶやきは反響を呼んで、100人以上が引用のリツイートをした。その後、ユーザーはその情報で、「女性専用車両に反対する会」という団体が京王線で26日に行うとサイト上で予告した「非協力乗車会」であった可能性を知り、ツイッターで報告している。

 この騒ぎは、2ちゃんねるでも話題になり、まとめブログ「痛いニュース」でも取り上げられた。

ホームページで、トラブルを謝罪

 2ちゃんの書き込みでは、団体の男性らについて、「一般客に迷惑なことは止めろよ」と批判するものから、「だから男性専用車両を作れとあれほど…・・」と擁護するものまである。女性客の主張などについても、「正論すぎる」「そんなことで電車止めんなよ」など様々な声が出ている。

 「女性専用車両に反対する会」の広報担当者は、メンバーの男性数人がトラブルの現場におり、それが京王線の明大前駅手前付近で起きたことを認めた。

  「女性客がヒステリックに言ってきましたので、法律的に男性客の乗車を禁止できないと話しました。隣の車両と混雑に差があり、体が弱い人やお年寄りがすし詰めなのにこちらでは空いていると説明すると、その女性客は見ようとしませんでした。そこで、『あっちをご覧なさい』と指差したところ、女性客に指が当たってしまいました」

 同会ではホームページで、このトラブルを謝罪し、メンバーには会則違反で懲戒を行うとの一文を掲げた。それは、結果として指が当たったことと非常ボタンが押されたことについてだという。指が当たったメンバーは、警察に事情を聞かれたが、立件されなかったとしている。

 広報担当者によると、同会は、7年前に結成され、現在メンバーは、30代の男性を中心に100人以上いるという。痴漢対策は別に行うべきとし、性別だけで差別するのは人権問題と訴えている。乗車行動ばかりでなく、鉄道会社に抗議文を出すなどの活動もしているという。今後については、「トラブルは絶対に避けなければいけないですが、乗車などの活動は続けていきたい」と話している。

 京王電鉄の広報部では、トラブルについて、「報告は受けています」としたものの、その内容については、「お客さま同士のことですので、詳しくお話しはできません」と話す。女性専用車両については、男性乗車を拒む強制力はないことから、「協力をお願いしています」とだけ言っている。


■関連記事
女性専用は「男性差別」 ネット上で批判盛り上がる : 2006/09/18
女性専用車両の設置 賛成?反対? : 2010/03/29
「男性専用車両」の設置を株主提案 西武鉄道 : 2009/06/16
ワクワクが止まらない「春の競馬祭り」! : 2010/03/29
理想の上司に「お笑いタレント」 その理由は? : 2010/03/26

<自民党>参院選公認候補7人を発表(毎日新聞)
唐澤・森陣営と原中陣営の対立構造、鮮明に―日医・役員改選(医療介護CBニュース)
<宇陀市長選>竹内幹郎氏が初当選(毎日新聞)
<東大>2983人が卒業 進む「脱官僚」 高まる外資人気(毎日新聞)
<大阪虐待死>死亡前日嘔吐、繰り返し暴行か 同居少年供述(毎日新聞)

<日本鋼管病院>診療報酬過大受給か 育休看護師ら「常勤」(毎日新聞)

 日本鋼管病院(川崎市)が08年、入院患者の医療費算定で基礎となる診療報酬の「入院基本料」最高ランクの施設に該当すると国に届け出た際、常勤看護師数を30人以上水増ししていたことが分かった。「入院患者7人につき看護師を1人以上配置」との要件を満たす証明として、育児休業中の看護師らも含めた架空の勤務計画表などを添付していた。診療報酬を1億5000万円以上過大に受け取った可能性もあり、関東信越厚生局神奈川事務所は近く、病院を立ち入り調査する方針だ。

 同病院は08年7月、神奈川社会保険事務局(現厚生局神奈川事務所)に、一般病棟7病棟の看護師配置を、それまでの「10対1」から「7対1」とする施設基準の届け出を提出。添付した看護職員名簿では、207人の常勤看護師(准看護師を含む)がいるとした。

 だが、毎日新聞が入手した08年7月1日現在の職員配置表によると、207人中15人は隣接するクリニック勤務で、14人は病院の中央手術室など病棟以外の勤務だった。また、3人は育児休業中、1人は産休中だった。

 病院事務局は取材に水増しを認め、「当時の病棟勤務の看護師は175人で、人繰りを円滑にするためクリニックからも非常勤で応援に入れたが、手続きの理解不足で全員常勤扱いにしてしまった」と説明。勤務計画表では育休中も含めほぼ全員をフルタイム勤務としていたが、「記載ミス」とした。そのうえで「正しい勤務時間を計算し直した結果、7対1を満たしていた」と説明するが、再計算結果は「内部資料」として示していない。

 厚生労働省保険局によると、労働時間の要件を守って7対1基準を満たすには、患者1.4人に対し看護師1人の常勤雇用が必要。同病院の申請時の平均入院患者は282人で、必要な看護師は202人になる。応援の非常勤看護師も常勤で働かない限り、基準は満たせない計算だ。同病院は09年3月、施設基準を10対1に戻す届け出をしたが、それまでの約8カ月分は過大請求の可能性がある。

 厚生局神奈川事務所は「当時の看護師の勤務状況が7対1基準を満たしていたのか、病院に説明を求める」としている。【清水健二、野口由紀】

 【ことば】看護師配置7対1の施設基準

 医療の質向上を目的に、06年診療報酬改定で導入。患者1人当たりの1日の入院基本料が1万5550円になり、それまでの最高ランクだった10対1(現行1万3000円)より医療機関の収入が増える。しかし、看護職員の総数が大幅に増えない中、大病院による看護師の囲い込みが過熱し、08年改定後は手厚い人員配置が必要な医療行為を行う施設でなければ加算が認められない。

【関連ニュース
<関連記事>厚労省:医師と歯科医師41人処分発表 免許取り消し3人
<関連記事>静和病院の診療報酬詐欺:元院長ら控訴の意向 弁護人「偏見で証言評価」
<関連記事>奈良診療報酬詐欺:山本被告と医師逮捕、患者出血死関連で
<関連記事>読む政治:診療報酬増を「偽装」 「長妻氏主導」空回り
<関連記事>診療報酬:明細書付き領収書、10年度から実施 中医協

甲子園出場の開星高教諭 学校トイレにカメラ設置か(産経新聞)
【日本人とこころ】白川静と出遊(下)一番好きな言葉は「遊」(産経新聞)
懲りない北教組 早くも参院選準備へ教員出動(産経新聞)
<10年度予算>今夕に成立…参院委可決(毎日新聞)
インスリン事件 看護師を殺人未遂容疑で再逮捕へ(産経新聞)

<科学技術政策>東大など9大学長が提言(毎日新聞)

 東京大、京都大など旧7帝国大と、慶応大、早稲田大の9大学の学長が19日、地道な基礎研究や若手研究者の支援などを実現する具体的な政策提言を取りまとめ、新成長戦略や来年度から始まる科学技術基本計画に盛り込むよう政府に求めた。

 提言では、大学を「国を支える人材を育てる知の拠点」と位置づけたうえで、日本の高等教育への投資額の低さを指摘。重点的に取り組む政策課題として具体的に▽若手を対象とする数千人規模の終身教員職の設置▽若手研究者の海外武者修行の拡充▽国立大の人件費削減方針の撤廃▽国立大運営費交付金など基盤的経費の拡充▽科学研究費補助金の採択率を現状の2割程度から3割以上に▽老朽化施設・設備の整備補助▽大学主導型の予算システムの確立−−などを提案した。

<国家戦略室>ヒアリング記録「一切保有せず」 子ども手当(毎日新聞)
普天間政府案、23日の閣僚会議で協議へ(読売新聞)
JR東トラブル 情報通信用ケーブル切断が原因(毎日新聞)
<茨城死体遺棄>容疑の男2人を逮捕 交際巡りトラブル(毎日新聞)
衆院外務委員会参考人質疑(東郷和彦元外務省条約局長意見陳述)(産経新聞)

「政策が基本」舛添氏、鳩山新党と一線画す(読売新聞)

 自民党の舛添要一・前厚生労働相は17日、「政治家にとって、政策は基本だ。新党を作るとか、誰と組むとかを先にやるからおかしくなる」と述べ、鳩山邦夫・元総務相が目指す新党結成の動きとは一線を画す考えを示した。党本部で記者団に語った。

 これに先立ち開かれた、舛添氏が会長を務める「経済戦略研究会」の会合では、山本一太参院議員らから「鳩山氏から秋波を送られて、あたかも応えているような印象(を与えること)は避けてほしい」と、鳩山氏と連携しないと明示するよう求める意見が出た。

 また、小池百合子・元防衛相はツイッター(簡易投稿サイト)で、鳩山氏から先月、新党参加の誘いがあったが、断ったことを明らかにした。

 一方、与謝野馨・元財務相を中心とする「正しいことを考え実行する会」は同日、党本部で会合を開き、大島幹事長ら党幹部の刷新を谷垣総裁に求めることで一致した。

両院懇談会、4月1日以降に=自民(時事通信)
<囲碁>本因坊戦挑戦リーグ 18日(毎日新聞)
普天間移設 政府案、非公表 「先送り」批判、かわす狙いか(産経新聞)
米軍車両、ひき逃げか=軽自動車の2歳男児軽傷−沖縄(時事通信)
コンビニ店長、路上で売上金63万奪われる(読売新聞)

高校無償化 朝鮮学校、一転適用へ 教科書は金総書記の決裁必要(産経新聞)

 政府が今国会で審議中の高校授業料無償化法案の対象に、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の指導下にある各種学校、朝鮮学校を含める方向で検討を進めていることが10日、分かった。鳩山由紀夫首相はいったんは除外する方針を示唆したが、政府関係者によると、首相と川端達夫文部科学相は9日の会談で、無償化の対象として適用することでおおむね一致した。

 首相はこれまで、「(無償化の対象にするかは)高校の授業内容というのが一つ検討材料になる。(北朝鮮のように)国交がない国の教科内容を果たして、私どもが検討できるか」と述べるなど、朝鮮学校を無償化の対象に含めない方針を示唆していた。

 ただ、関係者によると、川端氏は首相との会談で、連立与党の社民党や国民新党に加え、公明党が「特定の国を差別するのはおかしい」などと支給を求めている情勢を報告。さらに文科省内にも「政治問題と教育問題をリンクさせるべきではない」との意見が強く、首相もこうした考えに理解を示したという。

 もっとも、朝鮮労働党の対南工作部署である統一戦線部に所属していた元幹部が10日までに明らかにしたところによると、朝鮮学校で使用されている教科書には金正日総書記の決裁が必要という。

 同法案では、無償化の対象校として、高校や中等教育学校の後期課程、高等専門学校などを明記した上で、専修学校や朝鮮学校を含む各種学校については「高校の課程に類する課程を置くもの」と規定し、具体的には文科省の省令で規定することにしている。

 北朝鮮の政治的影響の強い教科書を使用する学校が、授業料無償化の対象となる「高校の課程に類する課程を置くもの」にあたるか議論が残りそうだ。

【関連記事】
金父子礼賛色濃く…朝鮮学校教科書、無償化に疑問符
橋下知事「朝鮮民族と北朝鮮、ナチスと同じ関係」 朝鮮学校無償化問題
高校無償化で川端文科相「朝鮮学校の扱いは現時点では未定」
高校無償化の対象に 朝鮮学校校長らが民主神奈川県連に陳情
無償化除外は「差別」か「妥当」か 国会議員ら朝鮮学校視察
20年後、日本はありますか?

山陽新幹線で異音「ボン、ボン」…運転中止(読売新聞)
【イチから分かる】日医会長選 政権との距離感で混沌(産経新聞)
三宅島空港でも気圧値誤報=航空機着陸には影響せず−装置更新作業でミス・気象庁(時事通信)
発砲 暴追運動の町で自治会役員宅に弾痕6発 北九州(毎日新聞)
<東海道新幹線>三島−静岡駅間で停電、2900人に影響(毎日新聞)

加藤被告に手紙を返信した被害女性「私たちのことを知ってほしい…」(産経新聞)

【法廷ライブ 秋葉原殺傷 第5回公判】(13)

 《加藤智大(ともひろ)被告(27)に刺され、約3カ月の重傷を負った女性被害者Gさんに対し、弁護側の反対尋問が始まった。弁護側はまず、加藤被告のトラックが交差点に突っ込んだ際のことについて質問する》

  [フォト]前面がでこぼこに…犯行に使われたトラック

 弁護人「交差点を渡り終えてた時点で『ガシャン』という音が聞こえたということですが、すぐにその方向に振り向いたのですか」

 証人「はい」

 弁護人「そのとき交差点にトラックが走ってくる様子は見えました」

 証人「見えませんでした」

 弁護人「そのとき一緒にいた友人とは何か言葉を交わしましたか」

 証人「交わしていません」

 弁護人「あなたは振り向いてから走り出したということですが、すぐに走り出したのですか」

 証人「友人を置き去りにする形で走り出しました」

 弁護人「事件現場交差点では男性が転がってくる様子が目に入ったのですか」

 証人「はい」

 弁護人「トラックにはねられているところは見ていないのですか」

 証人「見ていません」

 弁護人「何かの反動で転がっている様子でしたか」

 証人「何かにはじき飛ばされたという感じでした」

 弁護人「その後、あなたはベージュの上下をきた男性(加藤被告)が目に入ったということですか」

 証人「はい」

 弁護人「男性は警察官の後ろに立っていたのですか」

 証人「最初は警察官から距離のある位置で見えました」

 弁護人「男性はどちらの方から来たのですか」

 証人「来るところは見ていません」

 弁護人「男性に気づいたとき、男性はどの辺りにいましたか」

 証人「神田明神通りから現場の交差点に入ってくるように見えました」

 弁護人「最初、見たときは交差点の内側でしたか、外側でしたか」

 証人「何となく横断歩道のあたりにいたと思います」

 《弁護人は、警察官が襲われるのを目撃したというGさんの証言を、細かく検証していく》

 弁護人「男性は警察官のところまで、どのように近づいていきましたか」

 証人「走っていたかどうかは定かではないが、まっすぐにスピードがあるように見えました」

 弁護人「男性が動いている様子を見ていたのではないのですか」

 証人「私が見たのは男性が警察官から2、3歩離れたところにいたときからです」

 弁護人「あなたから警察官の距離はどのくらいでしたか」

 証人「数メートルくらいだと思います」

 弁護人「警察官の方を見ていたのですか」

 証人「はい」

 弁護人「あなたから見て警察官の正面は見えていましたか」

 証人「真正面ではありませんが、左肩がよく見える斜めの角度でした」

 弁護人「男性はどちらの方向を向いていたのですか」

 証人「警察官の方向を向いていました」

 弁護人「表情はどうでしたか」

 証人「無表情だったと思います」

 弁護人「男性は警察官の左肩を触っていましたか」

 証人「どちらかの手で触っていましたが、殴るときは、右手で殴るような感じでした」

 《Gさんは「殴る」と表現しているが、実際にはこの警察官はナイフで刺されている。弁護人はGさんの記憶を質すかのように、加藤被告の動きを詳細に尋ね続ける》

 弁護人「男性が近づいてくる間、あなたは何をしていたのですか」

 証人「(トラックにはねられ)倒れている被害者のことで頭がいっぱいで、そちらの方を見ていました」

 弁護人「その後、自分のお腹の部分に衝撃を感じたということですか」

 証人「はい」

 弁護人「(男が)手に何かを持っているのは見えましたか」

 証人「見えませんでした」

 弁護人「衝撃というのを具体的に教えてください」

 証人「『うっ』となるような、息が詰まるような感じでした。かなりの力で殴られたかのような感じがしました」

 《自分が刺された際の記憶を、詳しく証言するGさん。弁護人はさらに質問を続ける》

 弁護人「事件の全体のことを知ったのはいつごろですか」

 証人「だいぶたってから、新聞やネットを見て何となく分かりました。今もすべては分かりません」

 弁護人「被告から手紙を受け取ったと思いますが、いつごろ読みましたか」

 証人「受け取ってそのまま読みました」

 弁護人「その後、被告の両親からも手紙が来ましたね」

 証人「はい」

 弁護人「あなたはその手紙に返事を書いていますよね。どんな気持ちで書いたのですか」

 証人「この事件に限ったことではないと思いますが、加害者と被害者のいる事件は、何らかの形で加害者と被害者が関わらないといけないと思うんです」

 弁護人「どのようにですか」

 証人「私は、被告がどういう人なのか知らないし、なぜこんな事件を起こしたのか全然分かりません。でも裁判には、『やられたらやり返す』というつもりではなく、どうしてこのような事件を起こしたのかを、どうやったら社会の人に広められるかと思って…。すいません、うまく説明ができないのですが、事件のことが何か分かればと思って、それで手紙にも返事を出したのです」

 《考えがまとまっていないながらも必死に自分の気持ちを話そうとするGさん。加藤被告はうつむき加減のまま。この言葉を、どういう思いで聞いたのだろうか》

 弁護人「被告人に興味を持ったのですか」

 証人「はい。逆に、被告には被害者の生い立ちなど、どんな人だったのかを知ってほしいし、自分のしたことがどういうことなのか分かってほしいです。私の想像ですが、被告は自分のしたことについて、まだ分かってないのだと思います。被害者や遺族のためにも、私に何か役に立てることがあればいいな、と思ったのです」

 弁護人「分かりました。以上です」

 裁判長「それでは証人、長い間お疲れ様でした。退廷してください」

 《Gさんに対する証人尋問は終了し、午後4時、再度休廷となった。加藤被告は、傍聴席に向かって一礼すると、静かに法廷を後にした》

 =(14)に続く

【関連記事】
(12)「プライド守るため私たちの命を利用」被害女性が加藤被告を非難 秋葉原殺傷第5回公判ライブ
被害者に証人尋問 「秋葉原殺傷 第4回公判」特集
目撃者が事件再現 「秋葉原殺傷 第3回公判」特集
犯人と呼ぶ弁護人 「秋葉原殺傷 第2回公判」特集
謝罪するネ申 「秋葉原殺傷 初公判」特集

<北野武さん>初の展覧会、パリで(毎日新聞)
川越線、埼京線の上りで運転見合わせ…夜間作業に遅れ(読売新聞)
青い目の議員たち 日本国籍で得た重き一票(産経新聞)
平野官房長官インタビュー☆2(時事通信)
文京区長 育休取ります 自治体首長で初(毎日新聞)

殺人容疑などで少年再逮捕=共犯の少年も−宮城・石巻3人殺傷(時事通信)

 宮城県石巻市の無職南部かつみさん(46)宅で長女ら3人が殺傷され、次女(18)が連れ去られた事件で、県警石巻署捜査本部は4日、次女の元交際相手で同市の解体工の少年(18)=未成年者略取と監禁容疑で現行犯逮捕=を殺人と殺人未遂容疑などで再逮捕。東松島市の無職少年(17)=同=も同容疑で再逮捕した。
 捜査関係者によると、2人は2月10日午前6時40分ごろ、南部さん宅に侵入し、かつみさんの長女(20)と知人の高校3年の女子生徒(18)を刺殺、一緒にいた建設作業員男性(20)にも重傷を負わせた疑いが持たれている。 

【関連ニュース
殺人と未遂容疑で少年再逮捕へ=共犯の少年も
背中の傷、肺まで到達=現場から包丁発見-3人死傷放火・岡山県警
島根女子大生殺害に懸賞金=有力情報最高300万円
義姉刺殺、放火して逃走=同居の43歳男、殺人容疑で逮捕
女性刺殺、保険代理店役員を逮捕=宮城県警

政府の休日分散化案 全国5地区で順番に取得(産経新聞)
中高一貫校で35人が結核に集団感染―東京都(医療介護CBニュース)
宮崎3遺体 奥本容疑者「3人を殺した」と供述始める(毎日新聞)
鳩山首相、小沢氏との距離否定=「これからは頻繁に会う」(時事通信)
<訃報>西島大さん82歳=劇作家、「嵐を呼ぶ男」脚本(毎日新聞)

与謝野氏側近、火消し躍起 政権交代目的、舛添氏は同調(産経新聞)

 自民党の大島理森幹事長は8日、与謝野馨元財務相が党執行部の一新を求めている問題をめぐり、党本部で与謝野氏に近い園田博之幹事長代理から事情を聴いた。園田氏は「(与謝野氏と)同感だ」と述べ、平成22年度予算案の年度内成立をすんなり許すような執行部の運営に強い不満を示した。ただ「与謝野氏は執行部を代えることまで求めていない。このまま民主党政権が続けば日本がつぶれるとの気持ちが高じてのことだ」と述べ、政権交代が目的で、党内の権力闘争のためではないことを伝えた。

 大島氏は近く同氏とも会談する意向を伝えたが、園田氏は「話し合いで収まるものでもないし、ポストを与えて済むような話でもない」と、現状で両者が会談しても問題の解決は期待できないとの考えを示した。

 これに対し、谷垣禎一総裁は8日夜、「党内抗争は昨年の衆院選で敗北した最大の原因だった」と、与謝野氏を改めて牽制(けんせい)した。

 一方、「谷垣降ろし」に言及してきた舛添要一前厚生労働相は同日、国会内で記者団に対し、与謝野氏に「同じ問題意識で発言し、行動している」と一定の理解を示した。また「百家争鳴でいろいろな意見が出るのは自民党自体の発言力や発信力を増すので党にとってプラスだ」とも述べた。

 参院選前の政界再編に言及している中川秀直元幹事長は、「支持率や人、(党の)顔より、政策、理念の旗を立てることが一番大事だ」と、与謝野氏に否定的な考えを示した。

与謝野氏の辞任要求、「谷垣降ろし」誘発も(読売新聞)
サクラで平和を(産経新聞)
首つり偽装で自衛官殺害=容疑で妻ら5人逮捕−検視で「自殺」と誤認・宮城県警(時事通信)
恐竜の起源、もっと古いかも=2億4000万年前の近縁新種化石−タンザニアで発見(時事通信)
北教組献金 小林千議員に任意聴取を要請 札幌地検(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。